SANKO

本社 中京支社
資料請求 お見積もり

イベント情報・スタッフブログ

HOME >イベント情報・スタッフブログ >スタッフブログ >LIXILリフォームフェア&防災センター見学レポート

イベント情報・スタッフブログ

LIXILリフォームフェア&防災センター見学レポート

スタッフブログ

2016年7月28日

どうもこんにちわーいヽ(´∀`)ノ

いよいよ夏休みシーズンに入りましたね~。

どこに行こうか計画中!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

郡上では郡上踊りがスタートしまして浴衣姿の方もチラホラ見かけるようになりました。

全国的にも有名な徹夜踊りはお盆期間となりますが、徹夜ではない踊りはそれ以外の日でもやっていますので、興味のある方はこの機会にいかがでしょうか(´∀`)b

折角なので踊りの日程が紹介されているサイトもご紹介(´ω`)つ【郡上八幡観光協会

 

さてさて本題ですが、今月の16日に協力業者のセレックスさんのご紹介により、LIXILリフォームフェアと名古屋市港防災センターをお客様と共に見学して参りました。

今回はそのレポートをしていきたいと思います。

当日はセレックスさん手配による大型バスによる移動です。さすがセレックスさんは太っ腹です。

まずはバス内で三光工務店側担当者の三尾さんがご挨拶。

li1

続いてセレックスさん側の担当者、浜田さんからのご挨拶。

li2

浜田さんから当日の日程が説明されます。リフォームフェアを見てから防災センターというルートです。

その後道中に問題なく、会場のポートメッセなごやへ到着!

いざLIXILリフォームフェア!

li3

 

ちょっとダイジェスト気味になりますが会場の様子をご紹介していきます。

まずは追加の内窓、カーポート、床タイルの貼り替えです。

写真の内窓は障子で、どうやら新商品らしく人だかりができていてうまく写真を取れませんでした(´・ω・`)

カーポートはやはり定番ですねぇ。ちなみに金額がやたら高いのはカーポート以外の部分のリフォームも入っているからです。

レクサスも入れれば余裕の1000万超え(ヽ’ω`)オフゥ

タイルの貼り替えは手っ取り早い印象の変更ができますね。ついでに汚れにくいタイプでお掃除もラクラクと(^ω^)

お次はコチラ、

li12

 

 

 

 

 

 

 はい、雨戸ですね。

で、これなんですが、電動で動きます。

動きが面白かったのでつい動画で撮ってしまいました。

どうでしょうか。バシャバシャッと開くのが何とも気持ちが良いです。

では次のエリアへドーンと移動です。

お家の外壁関係ですね。

最初のはカフェのような日よけが簡単にできるというものですね。

その次がサンルームを後付けできるという商品です。雨の日にも洗濯ものが干せたりするので便利ですよね。

最後のは外壁材ですね。

左側はパッと見は木のようですが、近寄ってみると確かに金属の質感です。よくできています。

キッチンコーナーでは奥様方が熱心に見ておられました。

やはり一番使うところですから気になるのも納得です。

隣りには間取りを変えてリフォームした場合のサンプルコーナーとなっていました。

写真のように、キッチンとダイニングが仕切られている場合でもオープンにできますよ、というものですね。

さらにこんなものも置いてありました。

li26

 

 

 

 

 

 

キッチン用品でできたドラムセット!

LIXILのCMで使われたものとのこと。

ちなみにそのCMはこんな感じです。

本当にこんな音が出るんでしょうか?(´-`)

なお現物には触らないでとの注意書きがありましたので試すことはできませんでした。

残念(´・ω・`)

 

で、お次はこれです。

li27

 

 

 

 

 

 

アクアセラミック!トイレ用の新素材です。

ちなみにこれは以前のブログ、セレックスフェアレポートで、未発表の新素材だからぼかして!お願いだから!とLIXILの人に言われた例の新素材です。

とうとうお披露目がされたようで何より(´-`)

やはりLIXILさん的にも目玉なようで、特設ステージにペッパー君まで導入して宣伝をしていました。

li28

 

 

 

 

 

 

内容はダイジェストでドーン

要は、汚れも水アカも寄せ付けない新素材でその効果は100年続きます!ということですね。

説明では『社内での実験で実証済み』とのことでしたが、100年前から研究しているわけでもなし、おそらくは100年分の負荷をかけたということでしょうか。

本当に100年持つのなら確かにすごい新素材です。

ステージのお隣には自分で効果を体験できるスポットがありました。

li35

 

 

 

 

 

 

ということで折角なので試しにやってみました。

ご覧のとおり、水につけただけで汚れが落ちます。

確かにすごいです。これが100年続くならトイレ掃除に悩まなくてすみそうです。

トイレのリフォームだけでもする価値があるんじゃないでしょうか(´ω`)

 

ではでは次のエリアです。

ユニットバスコーナーで営業の三島さんを発見しました。

どうやら打たせ湯機能に夢中になっていたご様子(´∀`)

スケルトン構造になっているのはエアマイスターという商品で、これ1台で熱交換換気と空気清浄の2つの機能を併せ持った優れモノです。

実際の商品はスケルトンにはなっていませんのでご安心ください。

下段写真はパンチくんという商品で、これ自体が筋交等の構造材として機能するとのことで、部屋の間取りを大きく変えるリフォームを可能とすることができます。

和菓子屋さんのリフォーム例が出ていましたが、日の光りも入るようにできるので、もっと明るさが欲しい!というような場合に最適なのではないでしょうか。

 

この辺りまででグルっと一周したところとなります。

順路最後には広めの休憩スペースが設けてありまして、先に回って休んでいた人とも合流できました。

一級建築士ペアと三尾さんですな(´ω`)

ちなみに休憩スペースではドリンクとおやつがもらえるのですが、一級建築士ペアはすでにドーナツを貰って食べたとのこと(´Д`)ハヤイデスネ…

写真を取り忘れてしまったのですが、休憩スペースにはシルバニアファミリーの特設ブースが作られていまして、お子様連れのお客様も飽きさせない工夫がされていました。

ざっと走ってご紹介しましたが、ここでご紹介した以外にも数多くの商品がありまして、さすがに全部は書き切れませんので、気になったものをピックアップという形で紹介させていただきました。

 

リフォームフェアを後にして昼食を挟み、防災センターへ移動です。

li47

 

ポートメッセから然程離れていないところにあるこちらの防災センターは入場体験無料となっていて、だれでも気軽に入ることができる公共施設です。

センターHPのリンクも貼っておきますので、場所や営業時間等の詳しい情報を知りたい方はご覧になってみてください(´ω`)つ【防災センター

センター内部にはかなり昔の消防車や引退したヘリコプターが置いてあって実際に触ることができます。

li52

 

 

 

 

 

 

今回のツアーにはお客様も参加されていましたが、お子様連れのお客様のところの男の子がヘリに直行してました。

ちなみに写真右側で消防車に乗ってるのは籠原社長です。

齢70を過ぎてなお子供心を失わないのはいいことです(´‐`)

今回は団体見学ということで、職員の方が1人付いて中を案内していただきました。

写真に撮り忘れてしまいましたが、最初に地震体験ということで、リビングを模したステージで震度7の地震を再現できるとのこと。

横揺れだけではありましたが、まともに立っていられない程の揺れで、地震の恐ろしさを体感しました。

 

地震体験の次は別室に移動して伊勢湾台風の被害について説明となり、昭和当時にテレビで流れた映像を交えて被害の凄まじさを教えていただきました。

台風による主な被害の原因は、高波や洪水はもちろんのこと、当時名古屋港に資材として浮かべてあった大量の丸太が高波によって猛烈な勢いで流されて、それらが激突して数多くの家屋が倒壊するに至ったとのこと。

重さ数十トンもある丸太が凄まじい勢いで突っ込んでくるのですから、いくら家屋とはいえ直撃すればひとたまりもないでしょう。

その当時の様子を3Dシアターで再現した施設があるとのことで、ツアー参加者全員で体験してみました。

全員3Dメガネを着用しての視聴です。

部屋のセットは昭和当時の部屋を再現しており、すごく雰囲気が出ていました。

また、映像は3Dならではの飛び出る迫力で、災害当時どのような状態であったかを味わうことができました。

内容の詳細を書いてしまうとつまらないので実際に見てみることをオススメします(´-`)b

 

最後に火災時の体験ということでこちらの施設を案内されました。

li51

 

 

 

 

 

 

当時の大衆食堂を模した施設で、火災の煙がどのようなものかを体験できます。

右側の扉から入って中を通って左のドアから出てくるという寸法なのですが、内部は火災時の黒煙を再現した煙が流されている上、真っ暗で目の前どころか足元も見えないというような感じで、動くだけでやっとという状態でした。

職員の方から口元を覆う、姿勢を低く等、簡単なレクチャーを受けてからチャレンジです。

4~5人単位でチャレンジをして、自分は最後に入りましたが、その時にちょっとハプニングがありました。

自分と同じグループで籠原社長も入ったのですが、なんと社長が遭難しました(´Д`)

職員の方に助けてもらいましたが、距離がわずかな体験施設でこうなのですから、実際の火災時にはさもありなんです。

職員の方によれば、こういう場合、はぐれても決して探しに行かず、まずは外に脱出して消防隊員に助けをもとめるようにとのことです。

助けに行くと二次被害となる可能性が高いので、それを防ぐためとのことです。

 

センターでの体験ツアーは以上のような感じで、地震、台風、火災の主な災害の一通りを学ぶことが出来ました。

入館は無料ということもありますので、お子様の夏休みの自由研究とかにもいいのではないでしょうか。

リフォームフェアは終了していますが、また時期を見て開催すると思いますので、気になる方はLIXILのHPをたまに覗いてみるといいかもしれません。

長々となりましたが、以上がLIXILフェア&防災センターツアーのレポートとなります。

また機会がありましたら同じような形でレポートしていきたいと思いますのでよろしくお願いしますヽ(´∀`)ノ

 

 

三光工務店